お盆はRe.ゼロで勝負

7月のRe.ゼロの再販はほぼ満額回答となっています。販売台数は合計で5万台以上にはなります。今まではRe.ゼロの設置台数は2万台以下と少ないことからパチスロの主流にはならなかったが、5万台以上市場に出てくれば、Re.ゼロが主流になってきます。Re.ゼロはAT中に目押しが必要で目押しの苦手な年配層には受け入れられなく、間口が狭いが、若年層には圧倒的に支持されています。6月のパチスロの新台はほとんどなく、まどか☆マギカ劇場版もお盆明けになるのではないかと言われています。7月、8月には対抗になる新台のリリースは見えてこないので、7月はRe.ゼロで勝負してもいいのではないかと思っています。

PR

PR

パチンコ店長1,100名が登録完了!
無料集客メルマガ「マーケターRの朝食」
平日朝10時配信!

SLOKICHI

投稿者の過去記事

年間1,000時間パチスロを遊技し研究している。

■船井総合研究所スロット専門店特化型セミナー講師
■南洲ソフトウエアスロ専セミナー講師
■パックエックスロットセミナー
■常総市支援スロットセミナー等々

セミナー講師としても活躍中。
現在はアドバイザー業務及びレポート配信事業をパチンコ業界に提供中。

月間アミューズメントジャパン11月号に記事が掲載されました!
『圧倒的高稼働の繁盛店をつくる秘訣』
~100台規模のスロ専門という選択肢~

アーカイブ

ピックアップ記事

  1. 6号機アイムジャグラーが発表されたが、中リールに赤7が一つしかない。これだと目押しが出来ないとなかな…
  2. SアイムジャグラーEX-TPが検定を通過した。4号機のジャグラーはビッグの獲得枚数が400枚だったが…
  3. 6号機は5スロなどの低スロニーズが高い。中でもRe.ゼロは群を抜いている。アークでもフリー導入になっ…

最近のコメント

    PAGE TOP