ドリームクルーンはジャグラーのように運用すべき

ドリームクルーンは当たり確率ではなく、ベースによって設定差をつけている。ベースだとデータ表示器では設定差は分からず、打っている本人しか分からず、高設定か低設定かは早い段階で分かってしまう。低設定だと設定狙いのユーザーは早い段階で止めてしまいます。ドリームクルーンは初当たりを体験すれば面白いので、導入当初はなるべく甘く運用すべきだと思います。

PR

PR

パチンコ店長1,100名が登録完了!
無料集客メルマガ「マーケターRの朝食」
平日朝10時配信!

SLOKICHI

投稿者の過去記事

年間1,000時間パチスロを遊技し研究している。

■船井総合研究所スロット専門店特化型セミナー講師
■南洲ソフトウエアスロ専セミナー講師
■パックエックスロットセミナー
■常総市支援スロットセミナー等々

セミナー講師としても活躍中。
現在はアドバイザー業務及びレポート配信事業をパチンコ業界に提供中。

月間アミューズメントジャパン11月号に記事が掲載されました!
『圧倒的高稼働の繁盛店をつくる秘訣』
~100台規模のスロ専門という選択肢~

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アーカイブ

ピックアップ記事

  1. パチスロのデータ表示器はスランプグラフ付きのミモザが中古で安いものあったので、ミモザを導入しようと思…
  2. 年内にグランドオープン予定ですが、パチスロの中古機は1台も買わない。高射幸性遊技機比率15%以下にす…
  3. アメリカン番長HEY!鏡の初動は抜群で中古機も高騰している。年末の再販も取り合いになっている状況です…

最近のコメント

    PAGE TOP