中小店舗の再生

12月末に163台のお店をオープンするにあたり、再生方法は以下の通りになります。

1、パチンコの台間を広げる。台間平均16センチ

2、パチスロ島を倒して新しく作りなおす。台間21センチ

3、プラズマクラスターやサーキュレーターの導入

4、パチスロに昇降式椅子

5、店内清掃の徹底

6、遊技機の導入(マイジャグラーⅣ、アメリカン番長HEY!鏡、ディスクアップ、大海物語4、Pスーパー海物語in沖縄2、CR大海物語4SBC、シンフォギア、北斗無双2、ウルトラセブン2)

7、データ表示器(スランプグラフ付き)導入

8、トイレにウォシュレット設置

9、女性スタッフ登用

10、出玉予算

設備投資にかかる費用は約1,500万円、遊技台費用が約1,700万円、12月からの3ヶ月間の赤字費用が約500万円、計3,700万円の費用を使う予定となっています。中小店舗を立て直すためには、こうした予算組みは必ず必要だと思っています。

社員募集:都内23区内勤務。年収400万円~600万(スキルによって異なります。繁盛店になったら店長は年収1,000万円以上)、週休2日制、小型店なので店長でもホール勤務

PR

PR

パチンコ店長1,100名が登録完了!
無料集客メルマガ「マーケターRの朝食」
平日朝10時配信!

SLOKICHI

投稿者の過去記事

年間1,000時間パチスロを遊技し研究している。

■船井総合研究所スロット専門店特化型セミナー講師
■南洲ソフトウエアスロ専セミナー講師
■パックエックスロットセミナー
■常総市支援スロットセミナー等々

セミナー講師としても活躍中。
現在はアドバイザー業務及びレポート配信事業をパチンコ業界に提供中。

月間アミューズメントジャパン11月号に記事が掲載されました!
『圧倒的高稼働の繁盛店をつくる秘訣』
~100台規模のスロ専門という選択肢~

アーカイブ

ピックアップ記事

  1. 2019年1月末までに高射幸性遊技機を15%以下にする自主規制を急遽延期にする動きがある。この理由は…
  2. 遊技機を全て6号機とP機に替えなければならない2021年1月末まで27ヶ月、12月に導入だと26ヶ月…
  3. 12月グランドオープン予定の4パチ49台、1パチ62台、20スロ52台の計163台の小型店だとお客様…

最近のコメント

    PAGE TOP