中小店舗は今は我慢

5.9号機は2021年1月末までなので3年も使えない。6号機は認定を含めて6年間使えるので、中小店舗は5.9号機はなるべく我慢して6号機を待ちたい。6号機が7月からリリースされると、2021年1月までに全てを6号機に替えるために100台規模のお店で2年半で総額4,000万円、月間平均130万円の機械代がかかることになります。

PR

PR

パチンコ店長1,100名が登録完了!
無料集客メルマガ「マーケターRの朝食」
平日朝10時配信!

SLOKICHI

投稿者の過去記事

年間1,000時間パチスロを遊技し研究している。

■船井総合研究所スロット専門店特化型セミナー講師
■南洲ソフトウエアスロ専セミナー講師
■パックエックスロットセミナー
■常総市支援スロットセミナー等々

セミナー講師としても活躍中。
現在はアドバイザー業務及びレポート配信事業をパチンコ業界に提供中。

月間アミューズメントジャパン11月号に記事が掲載されました!
『圧倒的高稼働の繁盛店をつくる秘訣』
~100台規模のスロ専門という選択肢~

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アーカイブ

ピックアップ記事

  1. 6号機のジャグラーはどうなのかという質問がたくさんきます。私の回答は6号機になろうがパチスロの主役は…
  2. 今回、初めてパチンコ店を始めたのですが、パチンコ台がよく壊れることに驚いています。液晶不良、役物不良…
  3. 遅くなりましたが、新年明けましておめでとうございます。去年、12月13日に中野富士見町駅にパチンコ1…

最近のコメント

    PAGE TOP