何で出店したいのか

最近、出店をしたくて居抜きの物件を見て回っている。24才で41台の店長となり、そのお店を満席にして、28才でコンサルを始め、30才で東高円寺に97台のパチスロアークを出店した。このお店も繁盛店となり、33才で新松戸に2号店も出店した。この頃は直営店2店舗、コンサル5店舗全て13,000枚から17,000枚稼働させていた。2007年に共同出資で投資したり、社員の退職金で1億円以上使ってしまい、資金的に厳しくなり、東高円寺店の稼働が10,000枚を切ってしまい閉店することとなった。新松戸店は5号機問題も乗り越え、5号機でも好調をキープしていたが、隣の店舗が高値で買ってくれることになり、繁盛店のまま売却してしまった。売却した後、何をするのか考えたのですが、パチスロの知識だけは誰にも負けないと思いコンサルを始めた。2年近く外からお店をみて、いろんなことが分かってきました。しっかり設定まで教え込んだ支援先はきっちり稼働は上がっている。今なら前よりも繁盛店を作る自信がついてきました。今までは人件費などハイコストでお店を運営してきましたが、今度は原点に帰りローコストで運営していこうと考えています。今は中小店舗をやろうとする人はほとんどいないので、居抜きのお店は譲渡金などほとんどかからず、イニシャルコストが少なく出店することができる。繁盛店のまま売却してしまったので、何かやり残した感じがあります。今は本当に自分のお店を持ちたいと思っています。

PR

PR

パチンコ店長1,100名が登録完了!
無料集客メルマガ「マーケターRの朝食」
平日朝10時配信!

SLOKICHI

投稿者の過去記事

年間1,000時間パチスロを遊技し研究している。

■船井総合研究所スロット専門店特化型セミナー講師
■南洲ソフトウエアスロ専セミナー講師
■パックエックスロットセミナー
■常総市支援スロットセミナー等々

セミナー講師としても活躍中。
現在はアドバイザー業務及びレポート配信事業をパチンコ業界に提供中。

月間アミューズメントジャパン11月号に記事が掲載されました!
『圧倒的高稼働の繁盛店をつくる秘訣』
~100台規模のスロ専門という選択肢~

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

最近の記事

アーカイブ

ピックアップ記事

  1. 日本一小さなパチスロ専門店であるパチスロイレブン大師店の改装が進んでいる。台間は20センチ、通路幅も…
  2. 先日グランドオープンしたゴープラ幸手店を視察しました。1パチ315台、10スロ305台、5スロ65台…
  3. 設定ART ボーナス合算 出率1 1/563 1/76.2 97.5%2 1/559 1/74…

最近のコメント

    PAGE TOP