再販のある遊技機の中古価格は下がる

Re.ゼロの第3パネルの再販が7月で決まった。Re.ゼロの中古価格は一時期250万円まで高騰した。ゴールデンウィーク前の4月末に納品して、第3パネルの7月まで約3ヶ月。7月に新台で購入したら45万円、差額が205万円。3ヶ月で205万円の機械代を回収するなら、1日2万円以上の粗利が必要となります。250万円でRe.ゼロの中古機を購入した店舗は、Re.ゼロの中古はそれほど下がらないと考えていたと思います。確かに、聖闘士星矢覚醒やマイジャグラーⅣの中古価格は高騰していますが、条件が違います。聖闘士星矢覚醒は再販が出来なくなり、マイジャグラーⅣは販売台数を抑えて販売しています。需要と供給のバランスで中古価格が高騰しているだけで、仮に再販があれば中古価格は当然下がります。ディスクアップも一時期100万円前後の中古価格になりましたが、今では50万円台となっています。ディスクアップを2月に導入して、3ヶ月で50万円の機械代を取るのは困難です。相乗効果云々を考えているかもしれませんが、今からRe.ゼロやディスクアップを導入したからといって、中古価格に見合った稼働が上がるとは到底思えない。6号機やP機の中古価格は下がることを考慮して、中古機を購入するべきだと思います。

PR

PR

パチンコ店長1,100名が登録完了!
無料集客メルマガ「マーケターRの朝食」
平日朝10時配信!

SLOKICHI

投稿者の過去記事

年間1,000時間パチスロを遊技し研究している。

■船井総合研究所スロット専門店特化型セミナー講師
■南洲ソフトウエアスロ専セミナー講師
■パックエックスロットセミナー
■常総市支援スロットセミナー等々

セミナー講師としても活躍中。
現在はアドバイザー業務及びレポート配信事業をパチンコ業界に提供中。

月間アミューズメントジャパン11月号に記事が掲載されました!
『圧倒的高稼働の繁盛店をつくる秘訣』
~100台規模のスロ専門という選択肢~

アーカイブ

ピックアップ記事

  1. 6号機は5スロなどの低スロニーズが高い。中でもRe.ゼロは群を抜いている。アークでもフリー導入になっ…
  2. Twitterにもあげたのですが、小型店が大型店に対抗できるのは、出玉しかない。機種構成や設備では…
  3. ハイハイシオサイがベース32G、ビッグ獲得枚数194枚、設定1の合成確率1/99となった。4号機から…

最近のコメント

    PAGE TOP