最終的には出玉が一番

川崎、蒲田地区には100台以下の小型パチスロ専門店が20店舗前後あったが、現在残っているのは数店舗だけとなった。そんな中で私が携わっているパチスロイレブンは浅田店、大師店共に生き残った。浅田店が総台数50台、大師店が34台と生き残った店舗の中でも一番小さく、駅からは遠く、人通りも少なく、立地的にとても良いとは言えない。何故この最悪の条件で2店舗が生き残ったかというと、ニューパルサーなどの山佐全盛期、吉宗、北斗の拳、現在はジャグラーといったようにその時代の定番機をおさえていたこと。そして、一番は常に薄利で営業していたからだと思います。私とイレブンの現社長は大学卒業後、私が大師店の店長、イレブンの社長が浅田店の店長として10年間ホールに出ていました。現場に出ていたので、お客様目線になり、少しでもお客様に出玉を還元したいと思うようになりました。暇な日などにはもう少し甘く運用すればよかったと思うことなどしばしばありました。そうした経験が常に出玉を出すという基礎になっているんだと思います。この基礎があってこそ、25年以上続けてこれたのだと思います。

PR

PR

パチンコ店長1,100名が登録完了!
無料集客メルマガ「マーケターRの朝食」
平日朝10時配信!

SLOKICHI

投稿者の過去記事

年間1,000時間パチスロを遊技し研究している。

■船井総合研究所スロット専門店特化型セミナー講師
■南洲ソフトウエアスロ専セミナー講師
■パックエックスロットセミナー
■常総市支援スロットセミナー等々

セミナー講師としても活躍中。
現在はアドバイザー業務及びレポート配信事業をパチンコ業界に提供中。

月間アミューズメントジャパン11月号に記事が掲載されました!
『圧倒的高稼働の繁盛店をつくる秘訣』
~100台規模のスロ専門という選択肢~

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アーカイブ

ピックアップ記事

  1. 6号機のジャグラーはどうなのかという質問がたくさんきます。私の回答は6号機になろうがパチスロの主役は…
  2. 今回、初めてパチンコ店を始めたのですが、パチンコ台がよく壊れることに驚いています。液晶不良、役物不良…
  3. 遅くなりましたが、新年明けましておめでとうございます。去年、12月13日に中野富士見町駅にパチンコ1…

最近のコメント

    PAGE TOP