遊技参加人口899万人

㈱エンタテインメントビジネス総合研究所(藤田宏代表取締役)は5月25日、「パチンコ・パチスロプレイヤー調査2018」の結果(概要)を公表した。
調査は2018年2月に、同社と㈱アミューズメントプレスジャパンの共同で実施した。その結果によると、パチンコ(パチスロ)の参加人口は899万人と推計。18歳以上の遊技可能な人口の参加率は9.3%で、過去に遊技経験があるものの、この1年間は遊技していない休止者(スリープ層)は24.4%となっている。そのため、パチンコ(パチスロ)の未経験者は66.3%に及ぶ結果となった。
年代別の参加者構成は、パチンコは「60代以上」が最も多くを占め(24.1%)、パチスロは「20代以下」が最も多く(26.5%)、パチンコ、パチスロの利用者層の年代が異なることが明らかに。
遊技料金別の構成比では、パチンコが「低貸玉のみ」の参加者が24.9%と、「4円貸しのみ」の22.4%を上回った一方、パチスロでは「20円貸しのみ」が27.5%、「低貸しのみ」が18.2%と依然、20円貸しの参加者が多い。また1カ月当たりの遊技予算の平均は、パチンコ参加者が29,300円、パチスロ参加者が29,900円と、僅かながら(600円)パチスロ参加者のほうが高い。
パチンコ(パチスロ)参加者に「店選びで重視しているところ」という問いでは、「遊びに行きやすい立地」(28.2%)、「出玉への期待度」(26.8%)、「賞品(景品)交換率」(20.9%)、「店内の清潔さ」(20.2%)、「タバコ対策の充実度」(19.0%)が上位を占めた。
遊技通信からの引用になります。参加人口は去年の940万人から5%近く減りましたが、パチスロの年代別参加構成では20代以下が26.5%と最も多かったのは明るい材料になります。これは、並ばせ屋、スロパチ、オフミーなどのSNSで若者が来店しているからだと思われます。

PR

PR

パチンコ店長1,100名が登録完了!
無料集客メルマガ「マーケターRの朝食」
平日朝10時配信!

SLOKICHI

投稿者の過去記事

年間1,000時間パチスロを遊技し研究している。

■船井総合研究所スロット専門店特化型セミナー講師
■南洲ソフトウエアスロ専セミナー講師
■パックエックスロットセミナー
■常総市支援スロットセミナー等々

セミナー講師としても活躍中。
現在はアドバイザー業務及びレポート配信事業をパチンコ業界に提供中。

月間アミューズメントジャパン11月号に記事が掲載されました!
『圧倒的高稼働の繁盛店をつくる秘訣』
~100台規模のスロ専門という選択肢~

最近の記事

アーカイブ

ピックアップ記事

  1. 日本一小さなパチスロ専門店であるパチスロイレブン大師店の改装が進んでいる。台間は20センチ、通路幅も…
  2. 先日グランドオープンしたゴープラ幸手店を視察しました。1パチ315台、10スロ305台、5スロ65台…
  3. 設定ART ボーナス合算 出率1 1/563 1/76.2 97.5%2 1/559 1/74…

最近のコメント

    PAGE TOP