麻雀物語3のような高ベース高純増AT機は悪くない

麻雀物語3は50枚47Gの高ベースで純増2.9枚の高純増AT機になります。
設定1のAT初当たり確率が1/530なのでなかなか当たりがこないが、ATに入ると期待感がある。
20円パチスロの場合だと、1万円で470Gプレイできるので約40分くらい遊べる仕様になっていて、初当たりがこないとあまり面白くないのですが、1万円で初当たりがこなくてもかなりパチスロを打った感にさせてくれます。麻雀物語3は1,500Gの天井がありますが、仮に天井のない高ベース高純増AT機がリリースされれば、Aタイプを打つような感覚で5千円だけ20円スロのAT機を打てるようになり、AT機の間口が広がると思います。
麻雀物語3を打っていて感じたことは、高ベース高純増AT機は決して悪くはなく、このタイプの新しい北斗の拳や新基準のA+ARTの新しい番長を打ってみたいと純粋に思いました。
これからのパチスロの新基準機がとても楽しみです。

3月26日
投資
麻雀物語3 18K
回収 0
収支 -18K
累計 -22K

—–

PR

PR

パチンコ店長1,100名が登録完了!
無料集客メルマガ「マーケターRの朝食」
平日朝10時配信!

SLOKICHI

投稿者の過去記事

年間1,000時間パチスロを遊技し研究している。

■船井総合研究所スロット専門店特化型セミナー講師
■南洲ソフトウエアスロ専セミナー講師
■パックエックスロットセミナー
■常総市支援スロットセミナー等々

セミナー講師としても活躍中。
現在はアドバイザー業務及びレポート配信事業をパチンコ業界に提供中。

月間アミューズメントジャパン11月号に記事が掲載されました!
『圧倒的高稼働の繁盛店をつくる秘訣』
~100台規模のスロ専門という選択肢~

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アーカイブ

ピックアップ記事

  1. Twitterにもあげたのですが、小型店が大型店に対抗できるのは、出玉しかない。機種構成や設備では…
  2. ハイハイシオサイがベース32G、ビッグ獲得枚数194枚、設定1の合成確率1/99となった。4号機から…
  3. Re.ゼロがバラエティーに入っていてもバラエティーだと設定に対する期待感があまりなく、高稼働しない。…

最近のコメント

    PAGE TOP