6号機ジャグラーはAタイプでなくてはならない

6号機ジャグラーをAタイプになるのか沖ドキのようなATタイプになるのか決まっていませんが、絶対にAタイプでリリースするべきだと思っています。販売時期は2021年1月末までに6号機に完全移行するので、ジャグラーのニーズの高い繁忙期前の2020年4月が一番良いタイミングだと思います。その時期にリリースされれば、5号機ジャグラーの割を若干落としても6号機ジャグラーに出玉を回し、稼働させることができる。ジャグラーのAT機はジャグラーであってもジャグラーとは言えない。6号機ジャグラーはベース45G前後でBB獲得枚数が200枚以上あればジャグラーの王道であるAタイプでリリースするべきだと思っています。業界の未来のためにも6号機のジャグラーがヒットすることを願っています。

PR

PR

パチンコ店長1,100名が登録完了!
無料集客メルマガ「マーケターRの朝食」
平日朝10時配信!

SLOKICHI

投稿者の過去記事

年間1,000時間パチスロを遊技し研究している。

■船井総合研究所スロット専門店特化型セミナー講師
■南洲ソフトウエアスロ専セミナー講師
■パックエックスロットセミナー
■常総市支援スロットセミナー等々

セミナー講師としても活躍中。
現在はアドバイザー業務及びレポート配信事業をパチンコ業界に提供中。

月間アミューズメントジャパン11月号に記事が掲載されました!
『圧倒的高稼働の繁盛店をつくる秘訣』
~100台規模のスロ専門という選択肢~

アーカイブ

ピックアップ記事

  1. Twitterにもあげたのですが、小型店が大型店に対抗できるのは、出玉しかない。機種構成や設備では…
  2. ハイハイシオサイがベース32G、ビッグ獲得枚数194枚、設定1の合成確率1/99となった。4号機から…
  3. Re.ゼロがバラエティーに入っていてもバラエティーだと設定に対する期待感があまりなく、高稼働しない。…

最近のコメント

    PAGE TOP