P-WORLDの情報はできるだけ多くあったほうがよい

来店するきっかけは年輩層はビラや口コミだったり、家から近く店舗を通りかかったりして存在を知り来店しますが、若年層はネットで調べて来店するケースが多い。最近、DMMなども利用するユーザーも増えてはきていますが、なんだかんだ言ってもほとんどがP-WORLDを見ています。
P-WORLD内の自店のページにあまり情報を載せていない店舗もありますが、なるべく情報はあったほうがいいと思います。特に、店舗の配列図をホームページで見ることにより、バーチャルで実際にお店に行った気分になり、来店したくなります。
他にも、新台入れ替え情報や機種情報、空気清浄機や休憩スペースなどもなるべく多くの情報があったほうが来店のきっかけになると思います。

—–

PR

PR

パチンコ店長1,100名が登録完了!
無料集客メルマガ「マーケターRの朝食」
平日朝10時配信!

SLOKICHI

投稿者の過去記事

年間1,000時間パチスロを遊技し研究している。

■船井総合研究所スロット専門店特化型セミナー講師
■南洲ソフトウエアスロ専セミナー講師
■パックエックスロットセミナー
■常総市支援スロットセミナー等々

セミナー講師としても活躍中。
現在はアドバイザー業務及びレポート配信事業をパチンコ業界に提供中。

月間アミューズメントジャパン11月号に記事が掲載されました!
『圧倒的高稼働の繁盛店をつくる秘訣』
~100台規模のスロ専門という選択肢~

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アーカイブ

ピックアップ記事

  1. 6号機アイムジャグラーが発表されたが、中リールに赤7が一つしかない。これだと目押しが出来ないとなかな…
  2. SアイムジャグラーEX-TPが検定を通過した。4号機のジャグラーはビッグの獲得枚数が400枚だったが…
  3. 6号機は5スロなどの低スロニーズが高い。中でもRe.ゼロは群を抜いている。アークでもフリー導入になっ…

最近のコメント

    PAGE TOP